Menu
トップページ
知内町漁協について
知内町の漁業
組合組織構成
事業報告
マコガレイの生態
マコの特徴
見分け方
産卵期と稚魚
マコの食料
マコと知内沖
マコの耳石
ブランド化に向けて
知内のカキ
津軽海峡で育ったカキ
知内の釣り
遊漁船部会
海のルール
釣りアホ日誌
コミュニティ
知内町の物産
まこがれいのPR
漁協のイベント
漁師のお仕事
クッキング



お問合せ
kaikyousodachi@apost.plala.or.jp

CopyRight(C) 2002

【上磯郡漁業協同組合
All rights reserved
お待たせ致しました!第2回釣りあほ日誌の更新でーす。

6月27日第2回のつりアホチームで早朝からの釣り大会を実施しました。今回のメンバーは全部で5人。私を除く4人は釣り歴が結構長いということ。「今日は釣れるかしら・・」不安と期待で迎えた朝、函館は天気が悪く、知内沖もシケていまして、船がでないような感じでした。しかし、涌元到着し時間は早朝の4時、無事に出航しました。かなり、揺れていて私がクーラーボックスに座っていたらひっくり返るくらいの波でした。

では早速今回のメンバーのご紹介から。
船長の成澤さん。
前回もご協力していただいた
船頭さんです。
函館市にお住まいの
みっちゃん
函館市にお住まいの
よっちゃん
七飯町にお住まいの
むっちゃん
七飯町にお住まいの
あおちゃん
船釣り初挑戦の私、あさのです

前回の釣りアホの取材は、9月に行いしっくりしない釣りでしたが今回は絶好の時期、全員がツバを飲み込むくらいの期待をしていました。私も、前日期待をしまくってしまい、会社の近所の釣り具店「サカイ釣り具店」へ走りました。
サカイさんが、初心者の私にいろいろアドバイスいただき大漁ゲットをお約束しまして・・・・一式購入して船へ乗り込みました。
出発は午前4時過ぎ、高波の中大漁マコスポットへ向かいました。
成沢さんの話だと、これから向かうところは良型のマコガレイが釣れるというところ。
準備をし、全員がまってましたとばかりにウキウキしていました。
到着し、午前4時20分釣りを開始しました。
これから、なんの説明もいらないくらいすぐ、食いついてきました。
記念すべき1枚目、むっちゃんが太ったマコちゃんのダブル!!私にも掛かってきました!!!うわぁ〜すっげぇ〜!!!いれては釣れ、いれては釣れ、たまんない〜やったーーー 声が弾むくらい、どんどん全員の竿にかかってきました。
1時間半たったころ、よっちゃんが「むっちゃん、これ、なんか変ですよ・・・」と、「なんだろう??巻いてもだめ?たこかな?」と2人で巻いて巻いてと、その時「ぐにゃらぁ〜」と1メーターぐらいのタコをあげました。「これ、みんなで分けるもんだ、うめぇ〜どぉ〜」と成沢さん。べたべたして強烈でした。マコにもくっついて・・(笑!!)
そうしているうちに、みっちゃんはダブルで5回連チャン大ヒット!!
あおちゃんは、天秤で「餌変えたからどうかなぁーー」と、その瞬間!!つりあほ始まって以来の大型46センチをゲット!!あらあら、成沢さんもむっちゃんも、浅野もいつの間にかすごーい数になっていました。「今日だら、まず大漁だなぁ〜、こんなに釣っておめぇだち、よかっだなぁーー」成沢さんが満点の笑顔でびっくりしていました。どんどん、潮の流れが速くなってきて雨が激しくなってきたその時、よっちゃんが「お・おもい・・・」ひっぱってぇー・・・・見えた見えた!
34センチ大型マコちゃんゲット!!なんだか、私も本心、釣れて取材どころでは、なかったんです。寒かったのですがとーっても大・大・大漁でした。今回は所要時間約4時間でしたが全部で40枚強、の成果が上がりました。
たのしかったーーと、満足した取材となりました。

時期がちょっとでもズレてしまうと釣れないんですね。今回ま取材で感じたこと、素人の私的には、マコの気性に合わせた釣りかた、餌の生きの良さ、スポットの選択、海流に合わせた仕掛け(今回は形状記憶のしかけをつかってみました。)等々、いろいろな条件が重なってよい結果がでたんだろうと自分なりに解釈していますが。
釣りファンの方、ぜひ知内沖、シーズンが終わる前にいってみてくださいね〜。。

追伸/取材終了後、時間が空いたので成沢さんの奥様にマコの裁き方を習いました。
丁寧に御指導いただき、なんとか裁けるようになりました。本当にありがとうございました。

Special Thanks
成沢栄蔵(第8 雄生丸)
みっちゃん
あおちゃん
むっちゃん
よっちゃん
サカイ釣具店(生きたいそめちゃんがうっていますよ。。)

取材班 あさの

←前回の釣りアホ日誌へ


CopyRight(C) 2002, 上磯郡漁業協同組合 All rights reserved